忍者ブログ
サイバーエース小松のブログです。日ごろのPCライフについて、情報漏洩対策、バックアップ作成、システム管理などについて書いていきます。 まだまだ駆け出しですがよろしくお願いします。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

転送ツールを利用して新しいパソコンに移行中、古いパソコンのパスワードを求められた。

あなたはそんな経験がありませんか。

この記事では私が転送ツールを利用した際に体験した不具合とその解消法についてご紹介します。





それでは早速本題です。

 古いパソコンのパスワードを入力しても「違う」と言われ先に進めない。

先日、windows7への移行作業を行っている際に上記のような現象になりました。
複数台を同時に移行作業を行っていたので、原因の追及が可能なのではと思い検証することに。


 検証1:新規PCのユーザーアカウントについて。


私は当初新しいパソコンと古いパソコンのアカウント名とパスワードが同じになるように設定し、移行を行っていました。同じような方も多いのではないでしょうか。

そこで、最初の検証としてパスワード設定をしないアカウントと設定されたアカウントを作成し転送ツールを利用してみました。

すると、あっさり解決できました。

古いパソコンのユーザーと新しいパソコンのユーザーのパスワードが同じ事が問題だったのか、パスワードが短すぎたのか。

そのあたりは定かではないのですが、転送先のパスワードが関係していると見て間違いないようです。

 おわりに

一番簡単な解決方法は転送前に古いパソコンのユーザーアカウントのパスを消すことかもしれません。

PR

うちの社員に限って…。そう思っているあなた。

信じることは大切ですが、最悪の事態に備えた環境を整えることはして置いた方が良いと思います。





それではどういう危険があるのか見ていきましょう。


1.USBメモリでデータを持ち出そうと試みる。


情報漏洩の1つですね。経理のデータや設計データ様々な物を記憶媒体に保存して持ち出そうとするかたもいるようです。
対策:USBデバイスの利用禁止、指定したUSBメモリのみ利用許可、ログ記録

2.メールで社内のファイルを添付して外部に持ち出す。


これは1と手法を変えた情報漏洩の1つです。同じく様々なデータをメールで送ることで持ち出そうとしたり拡散しようと考える人がいるようです。
対策:メールを利用禁止にするわけにはいかないので、指定のファイルやフォルダのアクセスを禁止する、ログ記録

3.ファイル共有ソフトを用いて、違法ファイルをダウンロードする。


これは凶悪です。違法なファイルをダウンロードする上に、社内のファイルがだだ漏れになる可能性を秘めています。
対策:ファイル共有ソフトの利用するポートのブロック、または特定のアプリケーションの禁止、ログ記録

4.上司の目を盗んで某大型掲示板でやりたい放題。


良く聞く話ですね。実はいま会社からなんていう投稿も珍しくないようです。
放置すると業務の効率ダウンに直結します。
対策:ブラウザの利用禁止またはアクセス制限、ログ記録

5.外部からファイルを持ち込んで、パソコンにウィルスを感染させる。


悪意をもってやっていたら最悪です。自分が楽しむために家庭のパソコンでダウンロードしたファイルなどを持ち込み、社内のパソコンで利用。こうしたタイミングでウィルスに感染することもあるようです。実際に何社かこうした事例はありますし、教育機関でも学生が持ち込んだゲームが原因でパソコンが壊れたなどという話を聞いたこともあります。
対策:許可したアプリケーション以外の利用禁止、外部USBの利用制限・禁止、ログ記録

6.重要データの内容を改ざんする。


これは悪意丸出しですね。大切なデータを社員がさわれるようにしておくことはまずないですが、詳しい人にはできてしまう可能性もあります。
対策:ファイル、フォルダへのアクセス制限、ログ記録

7.こっそりパソコンに色々インストールして、パソコンの動作を鈍らせる


ブラウザを何種類もインストールしたり、重たいソフトの体験版をたくさんいれてみたり。
常駐ソフトをいくつもいれたりすることで著しくパソコンの性能が落ちます。
いざ、新しい業務用のソフトをインストールして使おうとしたらパソコンが重たくて動かない…。なんてことにならないようにしたいですね。
対策:アプリケーションインストール情報の調査、ログ記録


 おわりに

常に最悪の事態にそなえて万全の対策をしておくことで、いらぬ疑いをしなくて済みます。
管理者も社員も気持ちよく働くためにはこうした管理は必要になるのではないでしょうか。

上記の7つの問題が1つのソフトウェアで改善可能です。 中小企業様にも最適、システム管理ソフトはこちら

社内のIT管理をしている中小企業は周りには少ないという声をお客様から耳にすることがあります。

果たしてそれでいいのでしょうか。

また社内のIT管理に対して関心はあるというお客様も多くいらっしゃいます。


では何故関心はあっても管理を行えていないのでしょうか。
いくつか理由として考えられるものをあげてみましょう。

・今まで導入していなかったから今後も必要ない。

・管理ソフトの見積もりを取るところまでは行くが費用が予想以上にかかる。

・管理者がいないため、雇い入れる必要があり、それに対する費用が発生してしまう。

などです。


費用の問題は別として、いままで導入していなかったから今後も必要ない。というのはいかがなものでしょうか。

社内のIT管理といっても多岐にわたりますが、今回は情報の管理の観点からIT管理の必要性について書いてみたいと思います。

まず良く話題にあがる「ログの記録」について見ていきましょう。

パソコンのログは、単に文字の集まりのように感じて無意味に感じてしまいますが、様々な場面で利用ができる優れた情報です。

どういう点で優れているかと言うと、

・パソコンに異常が起きた際にその原因を探る手がかりになる。
・社内から何らかの情報が漏れてしまった場合にその原因を特定できる。
・不要な操作をしている社員の行動を把握することができる。
・ログを記録しています。と公にすることで、社員に悪いことはできないと意識づけることができる。

など、パソコン上で起きた様々なイベントを文字として記録・保存することで様々な情報を時を遡って確認できるわけです。



他にはパソコンの「利用や機能を制限」があります。

「うちの会社のパソコンではインターネットができないよ。」などと言うのはこうした制限を行っている場合が殆どです。

上記のようにインターネットを使えなくなることで、外部に情報を送信する手段が1つ減ります。インターネットの情報送信手段としてブラウザメールやオンラインストレージなどがいい例ですね。こうしたインターネットを利用した情報送信はログとして記録し辛い傾向にあります。
もし、こうしたサービスを悪用し、社内のデータをばら撒こうなんて考えている人がいるとしたらインターネットを使えなくすることが効果的なわけです。
他にもUSBデバイスなど記憶媒体の利用を制限することで、直接的なデータの持ち出しを阻止することもできます。


「ログの記録」「利用の制限」この2つを行うだけで、自社の情報が漏れる可能性がぐっと減ります。

「漏れてしまった!」では済まされない情報が企業ごとにあるはずです。
自分のところは大丈夫と思っていても、危険は身近に潜んでいます。

もう一度、自社のIT管理について見直してみませんか。



冒頭で述べた費用がかさむので社内のIT管理を行えていないと言う方には朗報。

管理者いらずで導入1日目から使いこなせる、低コストなシステム管理ソフトの情報はこちら

中小企業のIT管理について調べていると、専任のシステム管理者を配置しているところが少ないようです。

パソコンに詳しい方が、通常業務と兼任している場合がほとんどのようです。

また、様々な理由から社内のIT管理を行っていない企業様も見受けられます。

兼任では負担が大きく、社内管理を始めたいが踏み切れない。

こうした状況は昨今のIT化が進む中で少なくないようです。

兼任した場合でも負担が少なく、新たに始める場合でも費用が最小限に抑えられるとしたらどうでしょう。

システム管理の敷居がぐっとさがりますよね。

弊社のSYSTEM KEEPERはそうした時代の背景を踏まえ、開発されたシステム管理ソフトフェアです。

詳しいことは以下のリンクをご覧ください。

システム管理ソフトSYSTEM KEEPER

普段ログを記録しているともっとこうだったらなぁと思うことありますよね。

例えば、特定の条件のログを記録した場合に管理者にお知らせする。とか…。

もちろんSYSTEM KEEPERで実現可能です。

ブラウザの特定のurlを利用した場合や、特定のアプリケーションの起動、特定のファイルへのアクセスなど。

こうした事柄を条件に指定して、もしその条件と合致するような操作がクライアントパソコンで行われた場合に管理者に通知することができます。

こうすることで異常にも早く対応できますし、管理の質も向上できそうですね。


利用状況(ログ)の記録、表示、回収
プロフィール
HN:
サイバーエース小松
性別:
非公開
自己紹介:
まだ未熟な技術者のため、IT関係の勉強したことを記事にしたり、システム管理やバックアップについて記事にしようと思います。
その他アプリやスマホについても。
サイバーエースのツイート
ブログランキング
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 快適パソコン生活 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]